ジュレームアミノシャンプー・コンディショナー

ジュレームアミノの成分と頭皮の使用感まとめ

市販のシャンプーの中で、「成分的に良い」と評判なのが、ジュレームアミノです。

ドラックストアなどで購入でき、ボトルタイプの価格は1000円位。激安ではありませんが、良いシャンプーであれば、コスパ的には嬉しい価格帯です。

薄毛対策を考えるときに、高価なシャンプーを使うことは方法の一つですが、シャンプーは、頭皮を洗浄して毛髪環境を整えるためのものです。発毛の効果を期待するものではないので、そこそこの値段でいいシャンプーがあるとよいですね。

ということで、ジュレームアミノの成分と使用感や使用したときの頭皮の状態についてまとめてみました。

ジュレームシリーズの種類

ジュレームアミノは、ジュレームシリーズの中の一つです。

ジュレームアミノの他に、ジュレームフルボス、ALLノンシリコンジュレーム、ジュレームファンタジスト、ジュレームリラックスがあります。(2017年9月時点)

ジュレームのブランドコンセプトとしては、「地肌をいたわりながら保湿成分・補修効果を髪の芯まで届け、美しい髪へ導く」というもので、サルフェートフリー・ノンシリコン処方を特徴としています。

キーワードは、「ノンシリコン、サルフェートフリー、弱酸性、無着色、ノンアルコール、無鉱物油、動物由来原料フリー」。やさしい自然派のアミノ酸系シャンプーといったところのようです。

ジュレームアミノには、さらさらまとまる「モイスト&スムース(水色)」としっとりしなやか「エクストラモイスト(青)」があります。サラサラにしたいか、しっとりさせたいかの好みの違いで選べばよいでしょう。

私は、多少パサついてもサラサラしている方が好きです。

ジュレームアミノの成分紹介

シャンプー配合成分

水、ココイルグルタミン酸TEA、コカミドプロピルベタイン、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、PPG-2コカミド、ココアンホ酢酸Na、グリセリン、クレマティス葉エキス、スファセラリアスコパリアエキス、トウキンセンカ花エキス、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、マコンブエキス、ライム果汁、レモン果実エキス、加水分解ヒアルロン酸、BG、DPG、EDTA-2Na、イソステアリン酸PEG-50水添ヒマシ油、クエン酸、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ポリクオタニウム-10、塩化Na、フェノキシエタノール、プロピルパラベン、メチルパラベン、安息香酸na、香料

トリートメント配合成分

水、PG、セテアリルアルコール、ジメチコン、ミリスチン酸イソプロピル、水添ヤシ油、ベヘントリモニウムクロリド、アルギニン、アルゲエキス、イソステアロイル加水分解コラーゲンAMPD、イソロイシン、グリシン、システイン、シトルリン、セリン、トコフェロール、ハイビスカス花エキス、バリン、ヒスチジン、プロリン、マコンブエキス、リシンHCl、BG、EDTA-2Na、イソプロパノール、エタノール、グリセリン、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ジステアリルジモニウムクロリド、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、スクワラン、ステアリン酸グリセリル、ベヘニルアルコール、水添ナタネ油脂肪酸グリセリズ、水添パーム油、フェノキシエタノール、メチルパラベン、香料

使用感レビュー

ジュレームアミノを選んだ経緯

今回、お試し用の1回分パックを購入してシャンプーをしてみました。

実は、以前に、ボタニカルシャンプーのボタニストを使って頭皮がかゆくなったことがあるため、同じアミノ酸系シャンプーを敬遠していたのです。

でも、薄毛対策を考えると、頭皮へのダメージが少なく優しく洗浄してくれるアミノ酸系シャンプーは、髪のことを考えるなら基本ですよね。

なので、痒くならないことを祈りつつ、レビューしてみたいと思います。

見た目について

ジュレームアミノ シャンプー

無着色シャンプーの為、みためは透明です。

ややさらっとした感じで、少しだけとろみがあり、扱いやすいテクスチャーだと感じました。

匂いは柑橘系のシトラスっぽい香りがします。甘すぎず、それほど強い香りでもありません。

個人的には、かなり好きな香りです。

シャンプーでの洗髪について

頭皮を十分にお湯で湿らせてから、直接頭にシャンプーをつけて泡立てていきました。

しばらくこすっていると、すぐに泡ができてきて、泡立ちはとてもよいと感じ!

ただし、もっちりとした感じではなく、きめ細かいけれどエアリーで軽い泡でした。

泡は、髪の細部に入り込んで、しっかりと頭皮に届いているようなので、洗いやすかったです。

安いシャンプーをつかうと、洗髪中に抜け毛が手に絡まってきますが、そのようなことはありませんでした。

また、アミノ酸系シャンプーは、洗っているときに、軋むように感じることがありますが、指どおりはなめらかで、嫌な感触はとくにしませんでした。

泡を流す際には、少しだけぬるぬるするような気もしましたが、なめらかに流せたという感じです。

シャンプーなのに、トリートメントを流しているかと思うくらい、手触りはよかったです。

トリートメントについて

見た目は白っぽい色で、もっちり・ぽってりとしてテクスチャーです。

髪につけると、しっかりと厚みを感じて、伸びはよく、しっとりとなじんでいくように感じました。

香りは、シャンプーの香りにフローラル系を足したようなにおいがしました。

ちょっと甘ったるい感じで、個人的にはそれほど好きではないですが、悪くはないです。

洗い流した感じは、シャンプーの時と同じく、なめらかでした。

髪を乾かした後の感想

洗髪が終わり、濡れた髪を乾かしていると、気のせいかもしれませんが、頭皮がポカポカしているような気がしました。

新しいシャンプーなので、念入りにマッサージしながら洗ったため、血行が良くなっただけならよいのですが、シャンプーの成分が、自分のアレルギーに引っかかったりしていないかはちょっと心配・・・。

でも、かゆみは特になく、髪を乾かしている際も、引っかかりが少なく、ドライヤーをかけることができました。

洗い上がりの手触りとしては、パッケージに書かれていた通り、「しっとりサラサラ」という表現がぴったりくる感じでした。ブラシでとかしていくと、さらにサラサラになって、軽い洗い上がり。つやつやなので、いつまでも触っていたくなるような感触です。

鏡で見てみると、若干、いつもより艶があるようにもみえました。ふんわり感はないので、ボリューム的には落ち着いている印象です。

まとめ

ジュレームアミノは、評判通り、髪にやさしい成分のアミノ酸系シャンプーです。

使用感は、なめらかで、洗い上がりはしっとりサラサラとなり艶が期待できますが、髪のボリュームはでないようです。

薄毛対策として、頭皮への刺激を抑えたシャンプーを使いたいならば、市販のシャンプーの中ではよいシャンプーといえるかと思います。



関連記事

About the author

スポンサードリンク