選び方に迷う女性

40代からのヘアカラー色選びのポイント!髪色で若見えさせるには?

40代近くの年齢は、今までのファッションやメイクが似合わなくなり、おばさん化していくかどうかの分かれ目です。髪の老化で白髪も増えてくるため、ヘアカラーの色選びも難しくなってきますね。

一昔前は、白髪染と言えば、真っ黒に染めるしかなかったのですが、今やブラウン系はもちろんのこと、色のバリエーションはどんどん広がっています。

芸能人や美魔女と言われるような40代・50代・60代になっても若々しく見える人たちの中には、かなり明るい髪色にしている人も現れているので、ヘアカラーの常識は、どんどん変わってきています。

そこで、40代からのヘアカラー色選びのポイントについてまとめてみました。

※ヘアカラーと合わせて洋服の選び方にも悩んでいる方は、こちらの記事もあわせてどうぞ
【比較】ファッションレンタルサービス14選!メンズ&レディース洋服

肌の色味に合った色選びを使用

人はそれぞれ生まれ持った肌色があります。イエローベースなのか?ブルーベースなのか?濃くてはっきりしているのか?薄くて柔らかい感じなのか?という、いわゆる、パーソナルカラー診断 という色の分類方法です。

これを知ることによって、ブラウン系の髪色の中でも、オレンジ系が似合うのか?アッシュ系が似合うのかなどの傾向が分かります。

色味があっていないと、年齢にかかわらずしっくりこなくてダサイのですが、似合わない色を選ぶと肌のくすみを強調させてしまうデメリットがある為、年齢肌が気になる人には特に注意が必要です。

また、若ければ多少ダサくても、年齢フィルターに助けられますが、ダサいおばさんはダブルパンチが効いて、一気に老け見えしてしまいます。

おばさんであることはなかなか解消できないですが、色選びによるダサさは、せめてなくしておきたいところです。

最新のヘアカラーデザインもあり

ヘアカラーというのは、一色でベターっと染めるだけではありません。髪の毛の根元と先端の色を変えたり、部分的にハイライトを混ぜて立体感を出して自然な仕上がりに見せたりと、髪の内側と外側で髪色を変えたりと、様々なカラーリングの方法が登場しているのです。
(参考:kakimoto armsのヘアカラーメニュー

白髪を目立たせたくないからという理由だけで、かたくなに濃い色の指定をしていると、せっかくの最新のヘアカラーデザイン技術の恩恵を受けられません。

技術の進歩で、明るい色味でも白髪染ができるようになってきているので、美容師さんの技術によって、ヘアカラーのできるできないは、かなり分かれるところがあるでしょう。

また、歳をとると髪の量が減り、一本一本が細くなって、ぺしゃんこになりやすいものですが、ヘアカラーで色のメリハリをつけることで、ふわっと見せられる効果もあるのです。

美容院でオーダーする時に、ボリュームを出したいところや、白髪の目立つところなどを相談して、プロの提案によって最新技術に助けてもらえると嬉しいですね。

大人こそ美容院を活用する

ロングヘア大人女子の後ろ姿
若いころは、色々な髪型を楽しみたいので、頻繁に美容院に通っていたという人も、歳を重ねると、次第に足が遠のくことも多いのではないでしょうか?

でも、ちょっと考えてみてください。

髪の老化は誰でもするものですから、ダメージヘアの扱いや、髪にボリュームを出すこと、白髪も隠しつつ似合う髪色を選ぶことなど・・・。

40代以降の髪こそ、プロのケアが必要なのではないでしょうか。

美容師さんはおしゃれな髪型を作るだけが仕事ではなく、髪についての知識をしっかりと持っていて、どのような扱いをすれば美しさを引き出せるかを知っている人がたくさんいます。

そういうプロの知識や技術をうまく取り入れるのが、大人のヘアメンテナンスではないでしょうか。

ヘアカラーについても、どうしたらよいか分からなくなったからこそ、信頼できる美容師さんを見つけて、気兼ねなく相談できると理想的ですね。

大人にはツヤが必要

若々しく見えるためには、ツヤが必要です。細胞が若いと、髪も肌もみずみずしさがあってイキイキとして見えるもの。

でも、大人になると、水分が失われて、どうしても、カサカサした雰囲気が出てしまうのです。

40代以降の大人のヘアカラーは、色味だけでなく、艶感をどのように出すかが大事です。

トリートメントなどのケアをしっかり行って、髪本来の艶自体をキープするケアも必要ですが、サバサバして見えやすいアッシュ系やダークブラウン系は扱いが難しい場合があります。

艶消しの色味を避ける方法もありますし、肌のくすみを解消するような色選びをしたリ、明るさの調整をすることで、若見えのバランスをとっていく方法もあります。

素敵なヘアカラーのためにやるべきこと

40代以降のヘアカラー色選びは様々なポイントがあるので、何も気にしないと、大きな差がついてしまいます。

逆にいうと、ちょっと気を付けると、効果が見えやすいと言えるでしょう。

無料でできるヘアカラー色選び診断など、できることはやってみて、自分の髪色について理解を深めることが大切です。

アンチエイジングは髪だけではなく様々なケアが必要で大変ですが、まだまだ40代は若い方です。

過去の常識や誤った固定観念にとらわれることなく、ヘアカラーへの興味を持ち続けることで、まだまだ髪のおしゃれを楽しんでいきましょう。



40代からの髪のうねりのお悩みは、こちらの記事も参考にどうぞ
くせ毛シャンプーのおすすめ3選!美容ライターが厳選

関連記事
スポンサードリンク