ヘアカラー比較

キレイに安く髪を染める!ヘアカラー比較ランキング

髪を染める方法は色々ありますが、自分の思い通りの髪色にすることって意外と難しかったりします。

人それぞれ地毛の色が違ったり、ブリーチはしたくない等の事情があったり、今すぐ短期間だけ髪色を変えたいとか、お金をかけたくない等、人によって条件が異なるからです。

そこで、キレイに安く髪を染めるためのヘアカラー方法について比較しながらランキング形式でご紹介します。

ヘアカラー方法の比較表

ヘアサロン 市販カラー剤 カラーバター カラー
ワックス
一回で染まる?
黒髪も染まる? ×
発色具合は? ×
色の持続時間 ×
髪へのダメージ ×
コスト ×

それぞれについて説明しますね

ヘアサロン

サロンでヘアkラー

ヘアサロンで髪を染める場合のメリットとデメリットは以下です。

1回で染まる?黒髪も染まる?

ヘアサロンで髪を染めてもらえば、プロの美容師さんに相談して、思い通りの髪色にしてもらうことが出来ます。

黒髪から金髪や派手髪にしてもらうことも、微妙なカラーの注文をすることもできます。

ただし、1回のカラーリングで思い通りの髪色にはできない場合もあり、時間がかかったり、何回かに分けて好みの色に近づけていくしかない・・・ということもあり得ます。

発色具合と色の持ち具合は?

サロン用の薬剤を使用してカラーリングをしてもらうので、発色と色持ちはよくなります。

髪へのダメージは?

トリートメントを使ったり、ダメージが少なくなるようなプロの施術を受けられますが、ヘアカラーをする事自体、髪へのダメージは避けられません。

コストについて

1回のヘアカラーで少なくとも1万円位はかかることが多いですが、どこのヘアサロンのどんなメニューを選ぶかによっても大きく変わってきます。

なるべく安くする方法としては、ホットペッパービューティー経由でお得なクーポンを見つけて予約する方法があります。

市販ヘアカラー剤

市販のヘアカラー

市販のヘアカラー剤で髪を染める場合のメリットとデメリットは以下です。

1回で染まる?黒髪も染まる?

市販のヘアカラー剤には、おしゃれ染め用・白髪染用の種類があり、黒髪を明るい髪色に染めることもできます。

ただし、カラーバリエーションはあまり多くなく、1回で染まる色味にも限度があります。

発色具合と色の持ち具合は?

自分で慣れないヘアカラー作業をしなくてはならない為、色むらができるなど失敗する可能性もあります。

髪が伸びれば染め直す必要もありますし、あまり発色はよくありません。

髪へのダメージは?

ヘアサロンでカラーリングをしてもらうのと同様に髪へのダメージはあります。

ヘアサロンほど強い薬剤ではない事が多いですが、素人作業の為、髪が傷むリスクも考えられます。

コストについて

市販のヘアカラー剤はドラッグストアなどで手軽に購入できるため、ヘアカラー方法としてはもっとも安くできる方法です。

カラーバター

エンシェールズのカラーバター

カラーバターで髪を染める場合のメリットとデメリットは以下です。

1回で染まる?黒髪も染まる?

カラーバターと市販のヘアカラー剤で髪を染めることは似ていますが、一番の違いは、カラーバターでは黒髪を染めることが出来ないという点があげられます。

一般的な使い方としては、ブリーチして髪の色素を抜いた後に、カラーバターで好みの色を入れるので、1回で染めることはできません。

発色具合と色の持ち具合は?

色持ちはよくありません。1,2週間程度で色が落ちていくというのがカラーバターの特徴です。

また、発色具合は元の髪色によって左右されます。

髪へのダメージは?

カラーバターの主成分はトリートメントの為、髪へのダメージはありません。

コストについて

市販のバラエティショップやネット通販で購入できます。

ただし、ドンキホーテ等ではお目当ての色が売り切れと言う事もあるので、ネット通販でまとめ買いするのが安くて確実です。

カラーワックス

エマジニーどこで売ってる?売ってる場所

カラーワックスで髪を染める場合のメリットとデメリットは以下です。

1回で染まる?黒髪も染まる?

ヘアワックスなので、1回でその場で好みの髪色に染めることが出来ます。

黒髪も白髪も、ブリーチした髪も、思い通りの髪色にできます。

発色具合と色の持ち具合は?

自髪の色を変えるのではなく、上から色をつけているので、発色はとてもよいです。

シャンプーをすれば落とせるので、色持ちは1日限りとなります。とはいえ、塗るだけでまたすぐに好みの髪色に出来ます。

髪へのダメージは?

商品により多少異なりますが、毛髪補修成分や天然成分など、基本的に髪に優しい成分で作られているものが多いです。

コストについて

市販ではあまり取り扱っている店舗がない為、ネット通販で購入する方法となります。

発色がよいと評判の商品は少し値段が高めです。

関連記事

About the author

スポンサードリンク