プロミルオイルとエヌドットの違いを比較してみました!

ムコタのプロミルオイルとエヌドットのポリッシュオイルって、「似ているけど、違いはどうなの?」と、選ぶのが難しいですよね。

エヌドットがスタイリングシリーズを発売したのは2017年4月。
ポリッシュオイルの人気によって、今ではヘアサロン専売のスタイリング剤を代表するブランドの一つとなりました。

それを追いかけて、様々なヘアオイルが登場しましたが、「エヌドット人気強し」の感じは続いており・・・

そんな中で2019年、「エヌドットに負けない仕上がり!」だと話題を集めているのがプロミルオイルなんです。

プロミルオイルとエヌドットオイルの違い

ということで、プロミルオイルとエヌドットオイルの違いをまとめてみました。

特徴の違い

プロミルオイルの特徴は以下です。

  • 16種類の天然由来オイルを配合
  • クラッシックブーケの香り
  • 軽めの質感

プロミルオイルの香りは、クロエの香水のようだと言われており、女性らしいフローラルな匂いが好きな人からの人気が高いです。

エヌドットのポリッシュオイルの特徴は以下です。

  • 自然由来成分100%
  • ベルガモットなどの柑橘系
  • しっとりとした質感

エヌドットのオイルのテクスチャーは、やや重めでウェット感がでます。プロミルオイルの方が軽い濡れ感という感じです。

パッケージとコンセプトの違い

プロミルオイルのパッケージとコンセプトは以下です。

ムコタのブランドコンセプトはこんな感じです。

すべての女性、そして男性の、
髪のこと、地肌のこと、暮らしのこと、安全のこと、
心のこと、気持ちのこと、美しさのことを
真摯に真面目に誠実に考えた商品であること。
たとえば、あなたがシャンプーを使っている水が硬水なのか軟水なのか。
そんなこともわたしたちは考えているのです。
sincerely yours,~親愛なるあなたの親友
ムコタ

また、「1/1000までもKawaiiを‰(プロミル)」というコピーも掲げられています。
プロミルとは1/1000という意味があって、1000分の1までこだわりを追求するという意味が込められているとのことです。

エヌドットポリッシュオイルのパッケージとコンセプトは以下です。

エヌドットのスタイリングシリーズのコンセプトはこんな感じです。

素髪でいるより、心地いい。
どんな髪質でも、どんな髪型でも、髪印象は自由につくれる。
今日は今日の、明日は明日の、なりたい自分にきっとなれる。動き、束間、空気感――。繊細なニュアンスを思い通りに、簡単に操れるスタイリングブランド、エヌドット。シンプルなアイテム構成で単品使いも組み合わせるのも自在。毎朝、鏡に向かって髪を触る時間がもっと楽しくなるはず。
エヌドット

パッケージは、共にシンプル・無機質でオシャレな見た目!
持っているだけで気分があがりますね。

ムコタもエヌドットも、しっかりとしたコンセプトがあって物語を感じますね。
好きな世界観の商品を選んでみるというのもよいのではないでしょうか。

プロミルオイルの使い方については、コチラの記事にも書いてます。
【プロミルオイルの便利な使い方】無印のポンプとピッタリ合う!スタイリング方法もご紹介

配合成分の違い

プロミルオイルの配合成分は以下です。

ゴマ油、ハイブリッドサフラワー油、ホホバ種子油、ヒマワリ種子油、シア脂油、マカデミア種子油、メドウフォーム油、コメ胚芽油、ヘーゼルナッツ油、アオカド油、アーモンド油、ツバキ種子油、ブドウ種子油、カニナバラ果実油、月見草油、テオブロマグランジフロルム種子脂、トコフェロール、ジパルミチン酸アスコルビル、香料

保湿力が高い「セサミンオイル(ごま油)」がベースとなっていて、髪にツヤとうるおいを与えてくれる「ホホバオイル(ホホバ種子油)」・乾燥から守ってくれる「シアバター(シア油脂)」が特徴的です。

エヌドットポリッシュオイルの配合成分は以下です。

ゴマ油、サフラワー油、ヒマワリ種子油、ホホバ種子油、シア脂油、マンダリンオレンジ果皮油、オレンジ果皮油、オレンジ果皮油、ベルガモット果実油、パルマローザ油、ビターオレンジ葉/枝油、アルテミシアパレンス花油/葉/茎油、トコフェロール、香料

プロミルオイルにも入っていますが、シアバター配合が特徴として打ち出されています。
また、4つのボタニカル成分として、「ユズセラミド(毛髪補修)」「モリンガエキス(毛髪保護)」「ベビーピーチエキス(保湿)」「アロエ液(保湿)」が配合されています。

商品スペックの違い

プロミルオイルの商品スペックは以下です。

サイズと値段 50ml ¥1,800(税抜)
150ml ¥3,000(税抜)
ブランド名 プロミル(‰)
メーカー名 ムコタ(MUCOTA)
企業名 株式会社NAKAGAWA

プロミルオイルはエヌドットに比べるとコスパがよいですね。ミニサイズは1.66倍と容量が多くなっています。

エヌドットのポリッシュオイルの商品スペックは以下です。

サイズと値段 30ml ¥1,500(税抜)
150ml ¥3,300(税抜)
ブランド名 エヌドット(N.)
メーカー名 ナプラ(napla)
企業名 株式会社ナプラ

エヌドットは在庫切れが多く、供給が不安定というのが大きな問題点があります。これだけは、ちょっと辛いかも

比較結果まとめの表

ご紹介した、特徴・成分・サイズと値段の比較をまとめて分かりやすく表にしてみました。

プロミルオイル エヌドット
特徴 ●16種類の天然由来オイルを配合
●クラッシックブーケの香り
●軽めの質感
●自然由来成分100%
●ベルガモットなどの柑橘系
●しっとりとした質感
成分 ゴマ油、ハイブリッドサフラワー油、ホホバ種子油、ヒマワリ種子油、シア脂油、マカデミア種子油、メドウフォーム油、コメ胚芽油、ヘーゼルナッツ油、アオカド油、アーモンド油、ツバキ種子油、ブドウ種子油、カニナバラ果実油、月見草油、テオブロマグランジフロルム種子脂、トコフェロール、ジパルミチン酸アスコルビル、香料 ゴマ油、サフラワー油、ヒマワリ種子油、ホホバ種子油、シア脂油、マンダリンオレンジ果皮油、オレンジ果皮油、オレンジ果皮油、ベルガモット果実油、パルマローザ油、ビターオレンジ葉/枝油、アルテミシアパレンス花油/葉/茎油、トコフェロール、香料
サイズと値段 50ml ¥1,800
150ml ¥3,000
30ml ¥1,500
150ml ¥3,300

プロミルオイルとエヌドットポリッシュオイルの共通点

プロミルオイルか?エヌドットか?どっちにしようか迷ってしまいますよね(^^;)共通点は以下です。

  • 髪・身体・手などに使える万能オイル
  • 自然由来成分を贅沢に使用している

共に話題となっているだけあって、プロミルオイルもエヌドットポリッシュオイルも、本当に、魅力的な商品です!

ヘアオイルは消耗品なので、できれば両方使ってみるのもおすすめです。

プロミルオイルの偽物に注意!どこで買えるのか?販売店舗はココ

関連記事

About the author

スポンサードリンク