髪切りハサミ

髪切りすぎた時の対処法!アレンジ方法&根本解決策

髪切りすぎて変な髪型になってしまった!となると、ショックですよね。

切り落としてしまった髪を元に戻すことはできないので、なにかいい方法がないか・・・

そんな悩みを抱えているあなたに、今すぐにできる対処法とただ待っているだけではなくてできる対処法をご紹介します。

髪を切りすぎた時の対処法

髪を切りすぎた時にできる対処方法は、「エクステをつける」「もっと切って似合う髪型にする」「ヘアアレンジで乗り切りつつ早く髪を伸ばす」の3つです。

それぞれの方法のメリットとデメリットについて説明します。

エクステをつける

エクステは、髪の毛の一本一本に人工毛を結び付けて長さを出す施術方法で美容院でやってもらうことができます。

メリットは、即日ですぐに思い通りの髪の長さにできることですが、デメリットはとしてお金がかかることと髪が傷むことがあげられます。

エクステの目安の料金としては20束で1万円位で、1回の施術で1か月半くらいはもちますが、髪が伸びるまでずっとエクステをやり続けるのかはお財布と相談しなくてはいけませんね。

メリット:今すぐ髪を伸ばせる
デメリット:お金がかかる・髪が傷む


もっと切って似合う髪型にする

思い切ってショートカットやベリーショートにしてしまうというのも一つの方法です。ただし、もっと変になる可能性もあるので、賭けですね。

取り返しのつかないカットではなく、カラーやパーマも大きく印象を変えたい場合には効果的な対処法です。

メリット:すぐに今の嫌な髪型から抜け出せる
デメリット:もっと変な髪型にいなるかもしれない・髪を伸ばすのにさらに時間がかかる


ヘアアレンジで乗り切りつつ早く髪を伸ばす

スタイリングやヘアアクセなどを活用すると、ヘアアレンジでできることは意外と幅広くて、髪型の印象をがらっと変えることができます。

切ってしまった髪のことは仕方がないとあきらめて、ましになるヘアアレンジをみつけ、髪が早く伸びることを待つ・・・というのは、やや受け身ながら、もっとも現実的な対処法です。

メリット:何度でもいろいろなアレンジを試行錯誤できる・
デメリット:毎回アレンジをする手間暇がかかる


髪のアレンジ方法

アイロンで巻き髪にする

切りすぎてしぼんでしまった髪型でも、アイロンでウェーブを作ってあげれば、ふわりとボリュームアップしたシルエットが作れます。

ただし、髪を巻くと、カールする分だけ縦の長さが短くなるので、短さに困っている場合は不向きかもしれません。

分け目を変えてみる

簡単にできて意外と印象が大きく変わるのが前髪の分け目です。センター分け・斜め・おでこを出したオールバックスタイルなどバリエーションも色々あります。

サイドに分けた髪を立ち上げると高さやボリュームを出すこともできます。

ウェットスタイルにしてみる

ツヤや束感を出してウエットなスタイルにするのも髪の雰囲気は変わります。でも、スタイリング剤をつけすぎるとべたーっつとなってぺしゃんこになるので、ボリュームを出したい時にはあまり向いていないかもしれません。

ウェットスタイルにおすすめのスタイリング剤としては、ナプラのエヌドットがいいですよ。
【n.販売店】ナプラのエヌドットはロフトで買える?取り扱い店舗まとめ

ヘアアクセを活用する

ピン・バレッタ・シュシュ・カチューシャなど、ヘアアクセサリーにはいろいろな種類があります。

可愛くて存在感のあるヘアアクセを選ぶと、そちらに目がいって、髪型のことは意外と目立たなくなる効果もあります。

部分ウィッグを使う

とくに、前髪を切りすぎた時には特に有効なのが、部分ウィッグを使う対処法です。

ぱっつん前髪をきれいに作れるので、前髪のボリュームが少ない人なども使っていて、メジャーなアイテムになりつつあります。

もちろん、フルウィッグをかぶってしまうというのもありですが、そこまでしてしまうとバレた時に気まずいです。

部分ウィッグならファッションアイテムですので、気軽に使うことができます。

早く髪を伸ばすには?

ヘアアレンジでましになっても、やっぱり、「早く髪を伸ばしたい」というのが本音でしょう。

女性は、短く切りすぎたと言ってもセミロングやボブの人が多くて、工夫の仕様がありますが、男性で切りすぎてしまった場合は、とにかく早く伸ばすしかない状態の人もいるでしょう。

早く髪を伸ばすためには、以下の方法があります。

  • 髪に栄養を与える
  • 健康的な生活をする
  • 頭皮の血行を良くする
  • 頭皮環境を良くする
  • シャンプーや育毛剤を活用する

実は、髪を健康的にしたり育毛することが、髪を早く伸ばすことにつながるんですね。

ダメージヘアや薄毛に悩んでいた人は、これを機に、髪の健康を気にしてみるのもよいかもしれません。

では、それぞれについて詳しく説明します。

髪に栄養を与える

髪にいいものを食べたり、サプリで栄養補給をすることで、髪に栄養分がしっかりといきわたるようにします。

成分としては、髪の主成分のケラチンのもとになるアミノ酸を含むタンパク質(肉・魚・卵・大豆製品・乳製品など)を積極的にとるとよいです。

また、髪の発育をうながすヨードを多く含むわかめなどの海藻類をとることもよいです。

サプリメントは、育毛系やAGAなどの薄毛のためのサプリが多数あります。

健康的な生活をする

髪の健康は体の健康に準じます。「睡眠をしっかりとる」「適度な運動をする」「規則正しい生活をおくる」「ストレスを溜めない」これは、髪にとっても大事なことです。

体の代謝がよくなると、新しい細胞もよく作られて、髪の毛も健康的に伸びるようになります。

頭皮の血行を良くする

髪が健やかに育つためには頭皮の血液循環がよいほうがいいですね。

頭皮の血行を良くするためには、シャンプーをする時によくマッサージをするようにしたり、ヘッドスパをつけてみるのもよいです。

頭皮環境を良くする

頭皮の毛穴にフケや皮脂が詰まっていると、髪はすくすくと育ってくれません。

頭皮が乾燥してかゆみがある・ベタつきがある・フケがでる・抜け毛が多いなどの症状がある場合は、シャンプーを変えるなどして頭皮環境を整えましょう。

シャンプーや育毛剤を活用する

髪を伸ばすということは育毛です。AGAは脱毛症という病気なので、高価な育毛剤を使うことは少し事情が違いますが、育毛系シャンプーや医薬部外品ではないお手軽な育毛剤は頭皮環境を整えて髪が育ちやすくするものなので、「髪を早く伸ばしたい」というニーズにぴったりです。

髪に栄養を与えて健康的にキレイに伸ばすという目的のシャンプーも髪が健やかに伸びることをサポートしてくれるので、よいですね。おすすめとしては「アスロング」というシャンプーがあります。
アスロングシャンプーの販売店まとめ!最安値で買えるベストな方法をご紹介

まとめ:髪を切りすぎた時の対処法の選び方

切りすぎた髪がどうしても嫌で、すぐに何とかしたい場合は、髪の痛むこととお金がかかることを覚悟してエクステをつければ解決します。

エクステはつけるまではしたくないけど、もうワンチャンス掛けてみたい場合は、信頼できる美容師さんのところに駆け込んで、さらに短くなるけど似合う髪型になるようにお願いしてみましょう。

一番現実的なのは、アレンジで乗り切りつつ髪が伸びるのを待つという対処法です。

ヘアアレンジはやり方次第で無限の可能性がありますし、昔は、髪を早く伸ばすためにできることがあまり知られていませんでしたが、最近では、効果が期待できる商品も色々と出てきています。

できることに取り組んでみて、お気に入りの長さまで髪が伸びる間の時期も楽しんで過ごしましょう。

関連記事
スポンサードリンク


ミュゼプラチナム